不動産取引業に必要な宅建の資格は通信講座で取得しよう

人気の資格を就職に生かす

住宅模型

自宅でも受験勉強が可能

宅建は正式名称を宅地建物取引士という、国土交通省認定の国家資格です。毎年20万人前後が受験する非常に人気の高い資格です。宅建は、不動産取引業者にあっては必ず一定数の有資格者を事務所に置かなければならないとされています。また、一般企業においても、店舗の設置や工場の建設などの場面において不動産取引に関する専門知識が必要になることから、有資格者は歓迎されています。さらに、ファイナンシャルプランナーとして独立開業を目指す人の間でも、宅建資格の取得は非常に重要とされています。宅建を目指すための勉強法は数多くありますが、中でも通信講座の充実が目立ちます。というのも、宅建は就職・転職の際のアピールポイントとして大学生や社会人が取得を目指す例が多いからです。また、最近は専業主婦が社会へ出ていくための手段としても注目されています。通信講座が選ばれているのは、学業・仕事・家事などと両立させながら受験準備を行うのに適しているためです。宅建の試験はすべて四者択一式の筆記試験であり、過去に出題された問題が繰り返し出題される傾向にあります。そのため、過去問の反復を中心とした自宅での独習でも十分対処可能です。通信講座は、その点でも非常に適しています。また、最近の通信講座の中には、DVDやインターネットの動画などを使って通学講座と変わらないレベルの講義を自宅にいながらにして受講できるものも増えています。テキストを使った独習のみでは足りない部分も、こうした映像素材で補うことが可能です。

子どもと関わる仕事

紙芝居

保育士になるには国家資格を得なければなりません。国が指定する大学、短大、専門学校などの養成施設に通い卒業すると、無試験で資格が得られるのがメリットです。条件を満たせば国家試験は受けられますが、合格率が低いため、簡単に取得するのが難しいといえます。

社会人の武器

ビジネス

ITパスポートはビジネスに役立つ資格としてお勧めできる。どの部門に配属されても最低限のIT知識は必要であり、業務効率を図り、情報セキュリティ上の問題を起こさないためにも必要な資格と言える。重要論点が繰り返し出題される過去問を解くことで最低限必要なIT知識が身につき、お勧めできるビジネス資格である。

順序立てて身に付ける

婦人

会社を経営するにあたっては、良いことばかりではなく、そういった時こそ、経営者は真の能力が試されることになります。経験と勘だけに頼るのではなく、マネジメントの資格のように、どういった状況にも当てはまる基本的な考えを身に付いていることは重要なことです。