不動産取引業に必要な宅建の資格は通信講座で取得しよう

子どもと関わる仕事

紙芝居

資格取得のために

子どもと関わる仕事はいろいろありますが、保育所や託児所、児童養護施設などが主な就職先となるのが保育士です。少子化といわれている昨今ですが、共働きの家庭が増えていることから、保育士の需要は年々伸びており、将来的にも求人が安定している職業といえます。保育士を目指すためには、資格取得が必要です。国家資格となっています。保育士の資格を得るためにはいくつかの方法がありますが、厚生労働省に指定された大学や短期大学、専門学校を卒業することで得られます。大学などの学校に通って資格取得を目指すメリットとしては、課程を修了し卒業すれば、無試験で資格が得られるという点です。これらの学校に通っていなくても受験資格を満たしていれば保育士国家試験を受験することができます。指定外の大学や短期大学、専門学校などを卒業した、または2年以上の実務経験がある、といった条件で国家試験を受けることができます。ただ、この国家試験の合格率は10〜20%台となっており、決して簡単に合格できるものではありません。このようなことから、保育士を目指すなら、指定の大学などに通って卒業するのがおすすめの方法といえるのです。また、4年制大学や3年制短期大学、専門学校では、乳幼児に対する関連分野の教育をより深く学ぶことができるメリットがあります。2年制の短期大学や専門学校の場合は、より実践的な授業が多く、早く社会に出たいという人におすすめです。