不動産取引業に必要な宅建の資格は通信講座で取得しよう

社会人の武器

ビジネス

ITパスポートの取得

ビジネスに役立つ資格として、ITパスポートが挙げられる。社会人になってどの部門に配属されてもITの知識は役立つ場面が多い。たとえば会議で当たり前のように使われる用語もITの知識がないと戸惑ってしまい、発言ができないということも起こりうる。そのような意味でビジネスの土俵に立つ資格が、ITパスポートと言える。ビジネス資格として、ITパスポートを取得していれば優遇される会社もあり、それだけ会社にとって業務効率が図れると認めらている。この資格はIT全般を学べるため、ハードウェアやソフトウェアの基本知識に加え、今では欠かすことができないネットワークの知識も身に付けらる。ネットワーク知識は知らなければ情報セキュリティ上の危険性に気づくことができず、個人情報の漏洩など外部に会社の重要な機密情報を漏洩する可能性もあるため、ビジネスで必須の知識を習得していることを示すためにも有用であると言える。資格を習得するためには色々な教材に手をつける必要はなく、解説がしっかり書かれている教材を1冊選び、しっかりと読み込み、過去問を繰り返し解くことが重要である。過去問は重要論点が繰り返し出されているため、しっかり解くことでビジネスの知識も自然と得られ、合格点を取れるだけの実力もつく。社会人にとって最低限必要なIT知識を身につけられるため、新入社員に特にお勧めであるが、ITに苦手意識のある中高年の社員にとっても弱みを克服できる機会として学習することをお勧めすることができる。